youtubeにて動画を拡散し利益を得る手法について説明をします。まず、youtubeで拡散されている動画の特徴について理解したうえで、拡散され屋数動画を制作するのが望ましい拡散法です。youtubeでは、インパクトのある動画は拡散されやすい要素を多く含んでいます。この時、暴力的な手段や過激な内容よりも分かりやすい動画内容のほうがyoutube内ではインパクトがある動画であるとされており、動画配信サイトで言うインパクトがある動画と言うのは、衝撃的な過激な動画や暴力的な動画であるという意味ではないということを理解することが重要です。

次に動画を拡散させやすい要因を作ることの重要性ですが、分りやすい動画がインパクトである点を理解したうえで、さらに第3者にシェアしてもらいやすい内容が好ましいです。つまり、第3者が見て感動する、笑えると言ったように、人間が持つプラスの感情を呼び起こせるものが望ましい動画であり、それらを意識して作る必要があるという意味です。

youtubeで動画を拡散する際、動画内に広告を投入する必要性がありますが、この動画内に広告を入れるに際して、広告が多すぎるというのも問題となります。どんなに拡散されやすい動画を作り上げたとしても動画内で関連する広告がたくさんついていた場合、第3者からその動画を見た場合、ただの商品宣伝をするためにわざわざ第3者に広めてもらうための動画を作ったのかと感じられやすいのです。

そう判断されると、動画を拡散し利益を得ることは難しくなります。これは一応拡散には成功し動画を見て貰えこそしますが、商品購入には結びつかずコンテンツとしては成功したと言えないことを指します。どうしても商品を宣伝したりして収入を得るというタイプにしたい場合においては、影響力があるインフルエンサーの方に依頼し動画を作るなどをしない限り、現在においては、動画内で商品の宣伝ばかりをしていると拡散されにくい動画として判断されます。

なお、オリジナル性が高いコンテンツがyotube等で拡散されやすい動画であるとれますが、これには理由があります。オリジナル性があふれている作品は、他者のまねごとではないが故、新鮮味があり、話題性に富んでいるため拡散されやすい動画となります。ですが、オリジナル性が高くても結局は第3者のまねごとであると認識された場合、急速にコンテンツの閲覧が減少するのは、それだけ周囲の方々も日常生活においてyoutubeを利用しているため、似たようなコンテンツであるかどうかの判断を下すのが早いためコンテンツが急速にしぼむのです。

オリジナル性があるコンテンツ造りはそれだけ、作り上げる際、第3者が作り上げたものと似ていないことが重要で、似たようなコンテンツであった場合、2番煎じでしかないのです。これがオリジナル動画の拡散されやすい要因と難しさになり、オリジナル動画は常に先を見越して作ることが出来る人物こそ成功を収めやすいのです。